商標登録の手続と流れ

商標登録までの流れをご存知ですか?手続き方法と流れをご紹介! - 商標登録の手続と流れ

商標登録の手続と流れ

みなさまは商標登録という制度をご存知でしょうか?商標登録は特許をとることと似た制度ですが、特許をとるよりも簡易なものであるため、年間に約10万件ほどの商標が出願されております。今回は、そんな商標登録について、みなさまにご紹介したいと思います。
商標登録はなかなか個人が日常的に接するものではないと思いますが、企業で働く人などは頭に入れておいて損のない知識かと思います。

まずはじめに、商標とは一体何なのでしょうか。

はじめに、商標そのものについてご説明いたしましょう。そうしないことには、そもそも商標登録自体についても説明することができません。商標とはなかなか聞き慣れない単語かもしれませんが、みなさまが日常的によく目にしているものです。
商標とは、商品やサービスに付するマークのことを指します。例えば、一口にチョコレートといっても、様々な企業のチョコレートがあります。それらについて、これはどの企業の商品で、あれはどの企業の商品であるかをわかりやすく消費者に伝えるのが商標なのです。
チョコレートであれば、MEIJIやロッテが代表的でしょうか。消費者は、それらの商標が付されていることにより、自らの求める商品を見つけることができるというわけです。商標は私たちの日常に無数に溢れております。
現代社会においては、商標というものはなくてはならないものなのですね。

商標登録の手続きと流れ

dthrs
では、商標登録は一体どのようにして行うのでしょうか。この点について、商標登録は、特許庁に出願することきより行います。その出願が認められると、商標が登録され、登録商標に商標権が発生するというわけです。
では、具体的な手続きの流れについて見ていきましょう。まず、前提として、商標登録は個人で行うこともできますが、弁理士に依頼して行うこともできます。弁理士に依頼する場合はもちろん費用がかかりますが、その分、すべての手続きを弁理士が行ってくれます。
弁理士に依頼するようなことを個人で行うのは難しいのではとお思いになるかもしれませんが、きちんと順を追って行えば、決して難しいものでもありません。商標登録においては、まずは、当たり前ですが、商標を決めます。そして、次に、その商標を使用する商品やサービスを決めます。
その後は、特許庁に提出する出願書類を作成します。そして、出願書類に特許印紙を貼り付けます。そして、出願書類を発送します。
その後、特許庁から商標登録出願番号の通知を受け、出願した商標が登録の要件を満たしていた場合は、約半年後に、特許庁からその通知が送られてきます。そして、その後に登録料を納付することで、商標登録のすべての手続きが完了します。これで、登録された商標と同じもの、さらには類似するものであっても他の個人や企業は使うことができなくなります。

商標登録は特許庁でも行うことができます!

このように商標登録は個人で行うことができます。しかしながら、馴染みのない手続きであるだけに、全ての工程を個人で行うことには不安を覚える方もいると思います。そういった場合は、特許庁の窓口で質問しながら手続きを進めることが可能です。
弁理士に依頼する場合とは違い、特許庁の職員が代わりに手続きを行ってくれるわけではありませんが、わからないことが出できたらすぐに聞くことができるのは心強いでしょう。いかがでしたか?すぐに日常に活かすことのできる知識ではないかもしれませんが、あたまにいれておくとべんりですよ!